勝手に目に入る ぼくは、特に忙しい時に、タスクを見落としてやり忘れることが出てくる。それは、朝一番にタスクリストを見返して今日のタスクを確認する、という作業を怠ってしまったりすることから来る。 こういう、「確認する」という行動をやり忘れるがために、見落としが起こる。 なので、自分から確認しに行かずとも、ふつーに過ごしていれば勝手に目に入る状態にしておくのが、ぼくにとってかなり大事やったりする。 それが、「勝手に目に入る」仕組み。 [[明日をインボックスに]]するのは、勝手に目に入るの具体的な実践例。 これはタスクに限る話ではなく、着想メモなんかにも同じことが言える。 これまでに書いたメモが自然と目に入るような。書いたことを覚えてないメモも、目に入るような。 メモを書くたび、他のメモが目に入る。メモが目に入る環境が、思いもよらないものが目に入る環境がいいように働いてくれる。 #タスク管理 #着想メモの扱い